アマンプロは、パマリカン島全体がリゾートとして使われており、フィリピンの首都マニラの南西に位置するクヨ諸島に属しています。フィリピンは7000を超える熱帯の島からなる国で、目が覚めるほど青い東南アジアの海域に点在する島々の眺めは壮観です。マニラでお出迎えの後、19人乗りの小型飛行機で、お客様を島のリゾート専用飛行場までお送りいたします。


ご予約は →

ご予約はステップ1


以下の条件で空室を表示


カレンダーを見る






位置と地図


 フィリピンは、東南アジアの中心に位置し、7,100以上の島々からなる島国で、豊かな天然資源に恵まれ、波乱に満ちた歴史と独特の文化を持っています。フィリピンの北端から南端までは1800キロ以上あり、南端は赤道付近まで広がっています。東はフィリピン海、南はインドネシア、西は南シナ海に面し、真北には、ルソン海峡を隔てて台湾があります。

 太平洋の最西端部、北緯5度~21度の間に位置するフィリピンは、実際には半分水没した山地の頂上部であり、インドネシアから日本まで続く大山系の一部です。

 フィリピンは、4つのブロックに分かれます。最北端に位置するルソン島はフィリピン最大の島で、首都マニラはこの島にあります。南端には2番目に大きなミンダナオ島があります。ルソン島とミンダナオ島の間は、その隙間を埋め尽くすように多くの島々が散在するヴィサヤ諸島です。そして、西に位置するのがパラワン地方です。

 パラワンには1768の島があり、アマンプロのあるバマリカン島はその中の1つです。パマリカン島は、マニラから南西にあるクヨ諸島のキニルバン島地域に属します。クヨ諸島は、中国南部からボルネオ、スル諸島、モルッカ諸島へと向かう貿易ルート沿いにあるため、スペイン植民地時代以前から船乗りや貿易商たちに知られていました。クヨ諸島にある40の島に暮らす人々は、主に漁業と海藻の養殖で生計を立てており、観光客がこれらの島を訪れることは滅多にありません。パマリカン島は、サンゴ礁に囲まれた細長い島です。マナモック島の北東6キロメートルに位置し、面積は89ヘクタール。5.5キロメートルもの白砂のビーチが自慢です。島をゆっくりと歩いて1周しても、1時間半しかかかりません。

 アマンプロへの出発地となるマニラは、マニラ湾の入り口に位置する天然の良港で、フィリピンの人口の20%が暮らしています。政治、ビジネス、教育、文化の中心地であり、バラエティに富んだレストランやバーもあります。マニラへは、アジアをはじめ世界各国の都市から直行便が毎日就航しています。シンガポールからマニラへは3時間半、バンコクからは3時間15分です。また、香港からマニラへは2時間のフライトですし、東京からマニラへは4時間もかかりません。マニラのニノイ・アキノ国際空港でお出迎えの後、お客様を無料のアマンプロ専用ラウンジまでご案内し、次の出発便でパマリカン島にお送りします。運行スケジュールなどのお知らせはこちら さらに読む

ホーム | ニュースレター | アマン・ブティック | アマンのヴィラ | ウェディング&スペシャル・イベント | ウェブサイト利用規約    Facebook
© amanresorts 2007-2014. All rights reserved. brand experience by nucleus